爪の病気

人に言えない悩み.com

爪の病気水虫対策

悩み | 女性の悩み | 男性の悩み

水虫・爪水虫


気になってはいるけど、水虫を放置している人が多い
自分は水虫なんかじゃないとついつい隠したがります
白癬(はくせん)菌は真菌の一種です。家族への感染、浴場や温泉での感染と、無差別にばら撒く恐れがあります。爪白癬はマツモトキヨシなどで売っている薬では治りませんので、必ず皮膚科や内科の医師の処方による内服薬で治します。また爪の不定増殖で骨や筋肉まで圧迫されて歩くことが困難になる可能性が高くなります。

爪白癬は、つけ薬では奥まで浸透しませんので飲み薬が一番効果があります。しかし肝機能障害などの副作用がありますのであまり飲み薬を推奨しない皮膚科医もいますので、医師と相談のうえ対策をみつけましょう。

趾間(しかん)型
足の指の間にできる一般的な水虫のこと。かゆみがあり、指の間が赤くはれあがったり、皮がむけたりします。また、皮が白くふやけてジメジメし、赤くむけてただれてきます。

小水疱(しょうすいほう)型
足の裏や側面など、毛の生えていない皮膚の厚いところにできる。小さな水ぶくれが集まってできています。水ぶくれが目立たないこともあり、薄い皮がむけるだけのことも。 かゆみが強いのが特徴。

角化(かくか)型
足の裏から足のふちまでガサガサして角質が厚く硬くなり、ボロボロと皮がむけたり、かかとがひび割れてアカギレのような状態に。

爪水虫・爪白癬 治療に根気が必要です

水虫はとても治療に根気のいる病気です。飲み薬が開発されたことで、爪白癬は治りにくい病気から、完全に治る病気に変わりしました。治療を始めたら途中で止めないで、皮膚科の医師と相談しながら、きれいな爪を取り戻しましょう。治療を途中でやめてしまって再発を繰り返す人がたくさんいますが、主な理由として三つがあげられます。

1・治ったと自分で勝手に判断してしまう
2・長期に渡って病院に通うのが面倒
3・治療費が負担になって、通院をやめてしまう

このように爪が白く硬くなった状態になります。爪の病気と言えます。


治療を途中で止めたりせず、しっかりと対策を立てて、医師と相談して、爪白癬をしっかり治してください。爪水虫などの治療法としては飲む薬があります。ただ肝機能障害などの副作用が
ありますので、苦手な方には塗り薬で対策をしましょう。

私は、爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイルを使用しています。
根気よくというわけではありませんが、どうしても靴下をはかなければいけないので、特に夏場の時期は裸足が多いので、夏場に頻繁に塗っていました。あと風呂上りにも毎日ではなく、気がついたときに塗る程度の、いわゆるゆるーい感じでやっていました。

すると何ヶ月がたつと
爪水虫
上にあった爪の病気の水虫が死んだ状態になっている感じで、このように新しい爪が下から序々に生えて伸びてきているのがわかります。上部の古い部分は爪きりで切っています。下の新しい爪がトップ部分まで到達するのが待ち遠しいです。

飲む薬だと副作用があるのがちょっと嫌だったので、クリアネイルを使用していて効果が出てきたので、引き続きクリアネイルを使用して、完治したいと思います。


口コミで人気の薬。30年の実績、水虫にはコレです
水虫一筋30年!本気で治すにはコレしかない

爪水虫の悩み解決にはこれです!↓
爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル


商品



生活の悩み

盗聴器発見法 最近何かおかしいなと感じたら、盗聴・盗撮されてる可能性が大です
浮気した夫を信じることができない なぜ浮気をするのか?彼氏・ご主人との関係を修復し、別れを回避したい
熟年恋愛 いつの年になっても恋愛はしたいです。

スポンサードリンク








SITE LINKS SPONSORS
SPONSORS

(C)copyright 悩み解決.com all right reserved 運営概要