めまい・耳鳴り

悩み相談HOME  | 女性の悩み | 男性の悩み

めまい対策



めまい・耳鳴りの原因


めまいにはいくつかの種類があります。
天井がグルグル回る・世界が沈むような感じ・物が一方向に流れるといった状態の回転性めまい(真性めまい)

クラクラする・立ち眩み・足が地に付かないといった身体のふらつき感(仮性めまい)です。

真性めまい

平衡感覚機能の障害で内耳、前庭神経、脳の中心部の橋、小脳が関与しこれらの部位に異常が起こることで発生します。
原因として、血液の循環障害(椎骨脳底動脈循環不全、起立性低血圧、不整脈)、耳の炎症、中毒(アルコール、ストレプトマイシンなど)、腫瘍など。

症状としてはメニエール病が有名で、原因不明のリンパ水腫が起こる内耳障害です。

仮性めまい

脳全体の循環不全や酸素欠乏によって発生、脳や首の骨、筋肉(頸性めまい)の異常でも起こることがあり、低血圧、貧血、過労、睡眠不足、肺の病気による酸素不足、精神的ストレスなど全身の状態が反映される場合が多い。

めまいが起こった場合

難聴、眼振、耳鳴り、小脳症状などの随伴症状をチェック。

脳血管障害や脳腫瘍の場合もあり、CTやMRIを行います。MRIの方が容易。

はっきりした病変がない場合で、真性めまいであればめまいの迷路性、仮性めまいであれば椎骨脳底動脈循環不全や頸性めまいの疑い。

耳鼻科では聴力検査、フレンチェル眼鏡といって分厚いレンズ眼鏡をかけた眼振の検査、カロリックテスト耳に水や温水を入れて眼振を見る、身体の重心の揺れを見る斜面台テスト、足踏み検査などを行う。

聴性脳幹反応

耳に音を聞かせながら脳波をみる検査も行います。
脳梗塞や椎骨脳底動脈循環不全を疑った場合はMRAや脳血管撮影を行って脳の血管を見ます。

脳や脳血管の病気の場合は脳神経外科、神経内科、迷路性めまいの場合は耳鼻科に。

スポンサードリンク

(C)copyright 悩み相談.com all right reserved