のぼせ

悩み相談.com 
悩み相談HOME | 女性の悩み | 男性の悩み

のぼせ 対策


こんな人はのぼせの疑いが!


自律神経疾患 交感神経は主に昼間起きている間に働き、心臓などの臓器を動かし、身体が活動するために働きます。それに対し副交感神経は主に夜間に働きます。胃腸の動きを活発にするのも副交感神経です。
この交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れると(自律神経失調症)、疲労感や動悸・息切れ、生理不順や腹痛などといった様々な症状が現れます。
更年期障害 冷え・疲労感・のぼせ・息切れ・発汗・関節痛など年齢や個人によってさまざまな症状が複数あらわれます。

ストレス ストレスを起こすきっかけとなる刺激「ストレッサー」によってひきおこされる反応を「ストレス反応」と呼び、このストレス反応がストレスの本質であると考えられています。
ストレッサーが加わると、それに対抗して自律神経やこれと関係したアドレナリンという物質や副腎皮質ホルモンなどが働いて人の体は様々な変化を現します。心理的にも様々な感情や思考がうかんできて、いろいろな行動をとるようになります。

バセドウ病 バセドウ病では、甲状腺ホルモンが必要以上に作られ、代謝が活発になります。そのため、多汗、頻脈、手が震えるなどの症状が出ます。症状が進むと生命に危険を及ぼすこともあります。その他、甲状腺が腫れてきたり、眼球が突出してくるのも典型的な症状です。


スポンサードリンク



(C)copyright 悩み相談.com all right reserved