食欲不振

悩み相談.com 
悩み相談HOME | 女性の悩み | 男性の悩み

食欲不振 対策


こんな人は食欲不振の疑いが!

月経困難症 日常生活に支障をきたすほどのひどい月経痛を月経困難症と言います。軽いものでは下腹痛、腰痛などですが、重症になってくると、頭痛や腹痛、嘔吐などの消化器症状、不安感などといった多岐にわたる症状が現れます。
腸内環境の悪化 大腸には、善玉菌・悪玉菌が生息して普段はバランスを保って共存しています。しかし、大腸は食事・生活習慣・ストレスや抗生物質などの影響を常に受けていて、しばしばそれらの影響で善玉菌が減り、悪玉菌が増加しますと毒素の産生、発ガン物質産生、便秘、下痢、宿便の滞留、ガス産生などおこり腸内腐敗の進行、腸内環境の乱れが起こります。その結果、汚れた腸で老廃物・宿便の滞留、お腹のはり、肌荒れ、口臭・体臭の原因になったりします。

胃潰瘍 何らかの原因で消化管壁の組織が欠損してしまった状態を潰瘍といいます。胃液と接する部位に発生する潰瘍を消化性潰瘍(一般的には胃・十二指腸潰瘍)といい、主に空腹時や夜間に出現し、食事を摂ることにより軽快することがあります。ピロリ菌(Helicobacterpylori)という胃粘膜内などの消化管内に常在する細菌が、様々な胃・十二指腸疾患と関わりを持っていることが明らかになってきました。


ストレス ストレスを起こすきっかけとなる刺激「ストレッサー」によってひきおこされる反応を「ストレス反応」と呼び、このストレス反応がストレスの本質であると考えられています。
ストレッサーが加わると、それに対抗して自律神経やこれと関係したアドレナリンという物質や副腎皮質ホルモンなどが働いて人の体は様々な変化を現します。心理的にも様々な感情や思考がうかんできて、いろいろな行動をとるようになります。

うつ病 不眠をはじめ、食欲の低下(体重減少)や、疲れやすさ、頭痛、腰や肩の痛み、性欲の低下などもよくみられます。


自律神経疾患 交感神経は主に昼間起きている間に働き、心臓などの臓器を動かし、身体が活動するために働きます。それに対し副交感神経は主に夜間に働きます。胃腸の動きを活発にするのも副交感神経です。
この交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れると(自律神経失調症)、疲労感や動悸・息切れ、生理不順や腹痛などといった様々な症状が現れます。
月経前症候群 排卵後〜月経前の2週間には下腹痛、腰痛、乳房痛、肌荒れ、無気力、むくみ、おりものが増える、手足の冷え、イライラetc.といった様々な症状がほとんどの女性に見られます。見られる症状には個人差があり、100種類以上もあると言われています。こういった症状が日常生活に影響する程にひどければ、月経前症候群(PMS)と診断されます。

生活の悩み
結婚 恋愛 「いつか王子様が」と受け身の姿勢じゃ、始まる恋も始まらない。もっと自分から踏み出して。
モテる女 モテる女とモテない女の違いは何でしょうか? モテる女は幸せです。
モテる男 モテる男とモテない男の違いは何でしょうか? モテすぎるのも大変です。
浮気調査 なぜ浮気をするのか?彼氏・ご主人との関係を修復し、別れを回避したい
犬のしつけは難しい。でも、愛情があれば大丈夫。「あきらめない」あなたの気持ちは必ずワンコに届きます。
視力回復 視力が低下してくると本当に大変です。視力回復をしたい!

(C)copyright 悩み相談.com all right reserved