不登校でも進学はしたい

悩み相談.com 

まず子供と向き合う

悩み解決 | 女性の悩み | 男性の悩み

家庭教師で不登校を解決

様々な原因で不登校になってしまう生徒が増えています。

社会問題化している「いじめ」など、様々な原因で不登校になってしまう生徒が最近増えています。

そんな不登校の生徒の指導を多数担当し、情熱ある指導で学校への復帰・志望校合格へと導いてきた家庭教師の先生。不登校の生徒への接し方など解決へのアドバイス。

まず子供と向き合う

不登校になってしまった理由は様々ですが、まず親が子どもと本気で向き合って、話を聞いてあげることが解決への第一歩です。しかし、思春期の子ども達はあまり話したがらない場合が多いです。

精神的な悩みを抱え、不登校になってしまった子ならなおさらです。

親に代わって本気で生徒と向き合い、保護者とのパイプ役・精神的なサポート役として生徒の声を聞く事に心がけています。

無理をさせず自主性を尊重

無理に「学校へ行きなさい≒勉強しなさい」と強要するのではなく、まずは、「学校へ行きたい」という気持を呼び覚まさせる事が大切です。

「人と接する楽しさ」を感じられるように工夫した授業をしています。

目標を持って取り組ませる

不登校の生徒の中にも進学したいと思っている子は多くいます。

学校へ行けなくても、自宅で必死に勉強している生徒もいます。

そういう生徒は、少しのきっかけは必ず学校に行けるようになります。

なぜなら「目標」があるからです。

前向きな気持を持つ

親が「あの子は学校に行くのは無理だ進学はしなくてもいい」

などとネガティブな考えをしていては、お子さんにも伝わってしまいます。


「必ず学校に行かせる≒必ず進学させる」という

熱意を持って指導することが大事です。

スポンサードリンク


生活の悩み

省エネ 家事代行 不用品 遺品整理 生活不安 ヨガ ハウスクリーニング
海外通話のかけ方 犬のしつけ ペット保険 葬儀費用・お墓
意欲 失業・内定取り消し ブランドバックをレンタル 漫画を立ち読み


(C)copyright 悩み解決.com all right reserved