葬儀費用・お墓参り

お墓参りしましょう

悩み解決 | 女性の悩み | 男性の悩み

お墓参りの仕方

日頃の感謝の気持ちや近況報告を伝え、心を込めてお祈り
お墓参りは特別な作法はないので。ご先祖様に感謝して手をあわせましょう。

1.墓地のお掃除をしましょう。
2.お供え・ロウソクに火をともす。
3.深く一礼、一度手を打つ(柏手)、二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)。
4.後始末はきっちりとしましょう。 カラスが寄ってきますよ
1.墓地・お墓のお掃除
ほうきで周りをきれいに掃いて、ゴミを拾います。汚れていたり、コケの生えている墓石は、水をかけてタワシなどで洗ってきれいにします。線香台、水鉢、花立も歯ブラシなどで丁寧に洗いましょう。

スポンサードリンク


2.お供え・焼香
墓石に打ち水をし、花立に生花を添えて、水鉢に新しい水を注ぎます。そして故人の好物だった菓子・果物・お酒・煙草などをお供えし、ろうそくとお線香を手向けます。
3.お墓に水をかけ合掌
合掌礼拝の前に水桶から水をひしゃくですくって、お墓にかけます。この時にお墓の下のほうに少しだけ水をかける傾向が多いですが、お墓の上からたっぷり水をかけて下さい。
4.後始末はきっちりと
お供えの食べ物はお参りが済んだ後は、その場でいただくか、必ず持ち帰ります。お墓にお酒などの飲み物をかけた時は、匂いが残らないように後で水で洗い流しておきます。線香は全部燃やしてください。

先祖を大事に思うこころは大事です。もし、忙しくてお墓参りができないのであれば、おおよその先祖が眠るお墓の方向に体を向け、日頃の感謝の気持ちや近況報告を伝え、心を込めてお祈りすることも大切です。
葬式費用

葬儀費用は、どうしてこんなにも「わかりずらく高額」なのでしょうか。 さらに、あれは別・これも別って、何倍もの請求金額...おかしいと思いませんか。

お葬式といっても、ご臨終から忌明けまで、お葬儀に付随する費用は様々なものがあります。 安心してお葬式を行うためには、下記のようにわかりやすい項目に分類し、ご納得のいく明瞭な価格を設定している葬儀社を選ぶのがいいです。
基本施行費に
 含まれるもの
基本施行費に
 含まれないもの
立替実費
・枕飾り一式 ・寝台自動車搬送 ・霊柩自動車
・御寝棺 ・司会、進行係員 ・お伴自動車
・御骨箱 ・ドライアイス ・火葬費用
・祭壇設営一式 ・通夜、会葬粗供養 ・心付け一切
・式場設営一式 ・会葬礼状等印刷  
・接待用具一式 ・遺影写真作成  
・受付記帳用
 事務用品一式
・記録用ビデオ
 写真撮影
 
  ・樒、供花、その他供物  
  ・電装提灯、蓮華等  
  ・貸衣装、貸布団  
  ・料理、飲食代  
  ・女子式場奉仕係  
  ・交通整理係  
  ・式場使用料  
  ・季節用品  
  ・テント・テーブル・イス  
全国の平均葬式費用
葬儀費用は、一般葬・家族葬などの形式や人数、地域や施行葬儀社によってまったく違うというのが現状で、実際に葬儀が発生してからでは、「病院提携の葬儀社」や、「たまたま見つけた近くの葬儀社」で、 葬儀費用は、担当した葬儀社のいいなりになってしまったというのはよくある話。故人の人生最後のセレモニーを納得の出来る形・費用で行う為にも事前に葬儀費用やサービスの内容を知っておくことは重要です。

年々、新規参入も増えてきていることもあり、価格は安くなってきています。また自宅葬・家族葬といった、ごく身内で行う葬儀が増えてきておりますので、こちらの方は費用もかからずささやかな葬式を行うことができます。

● 全国の葬式費用
北海道地域
平均葬儀費用 = 186.2万円

東北(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)
平均葬儀費用 = 250.9万円

関東 (茨城県・栃木県・群馬県・千葉県)
平均葬儀費用 = 188.7万円

関東(埼玉県・東京都・神奈川県)
平均葬儀費用 = 313.0万円

中部(新潟県・富山県・石川県・福井県)
平均葬儀費用 = 203.4万円

中部(山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県)
平均葬儀費用 = 378.9万円

近畿(三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)
平均葬儀費用 = 239.2万円

中国(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県)
平均葬儀費用 = 203.2万円

四国(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)
平均葬儀費用 = 206.4万円

九州(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)
平均葬儀費用 = 216.8万円
お葬式の費用が高額で不明瞭であっても、異議を唱える人は少ない

この背景には、利用者側の多くの方が葬儀に対する知識が少なかったことや、親族の死という非日常的な事態に直面して料金の高い安いを判断出来る精神的・時間的余裕がないこと、さらには、人の死に対して自分が価格を付けることに対する心理的抵抗感が大きかったと思われます。

また、現在では病院でお亡くなりになる方がほとんどであることから、一部の病院では特定の葬儀社への紹介・斡旋等を積極的に行っているようです。このような特殊な環境下においては、どうしても葬儀社主導となりコスト意識が働かず、また病院への高額な謝礼金もあり必然と葬儀費用が高くなります。 近年徐々にですが、利用者の葬儀に対する知識や関心が高まり、料金の透明性を求める動きが出てきました。

葬儀費用の価格を開示し始めており、セット料金の表示は葬儀費用の内訳が細かく記載されており、一見選択の自由と明瞭感があるようにみえますが、葬儀に対する知識が少ない人がほとんどなので、逆に難解です。セット料金は必要最低限のものしか含まれていない事が多いため、会場費・光熱費・遺体搬送費・霊柩車・納棺等を含めた葬儀費用総額では、セット料金の3〜5倍を請求される場合が多くみられます。



SITE LINKS SPONSORS
SPONSORS

(C)copyright 悩み解決.com all right reserved 運営概要